2011年130杯目 東海つけ麺祭⑥ 『丸和』

催事情報

催事会場ポートメッセなごや
住所名古屋市港区金城ふ頭2-2
電話番号052-398-1771
営業時間10:00~20:00
開催日2011年4月30日~5月1日
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名自家製麺 つけ麺 丸和 牛すじカレーつけ麺
価格750円
見た目トッピングを加えたお陰でテイクアウトの域を超えたビジュアルに
つけ汁の種類カレー
麺の種類太縮れ(平打ち)
具の種類チャーシュー・赤ウインナー・牛スジ・玉葱

感想

去る4月30日~5月1日に開催されたマンモスフリーマーケット。
東海地区最大級のフリマイベントで、県外からも多く人が訪れます。
ゴールデンウィークなので来場者も多数あり、人気のイベントです。
主催はテレビ愛知で、そのイベント内で行われた【東海つけ麺祭 2011】。
会場はポートメッセなごや3号館を利用しており、出店は7ブース。
そのレポートを7日間かけて紹介していきたいと思います。
6杯目は【自家製麺 つけ麺 丸和】をご紹介致します。
それではいただきます。

つけ汁は、「ラーメン好きは、カレー好き」って誰が言ったかは分かりません。
が、ラーメンが好きな人って大抵はカレー好きな人も多いですよね?
何を隠そう私自身がカレー大好きで寧ろラーメンよりも・・・なんてね(笑)
コレは、その好きなモノ2つがガッチリと手を組んだ最強の1杯です!
カレーってやっぱり香りが悪魔的で、ブースに近付くにつれて引力がヤバい(笑)
呼吸をする度にどんどん香るカレーのにほひ・・・もう芳しすぎる(笑)
カレーの香りだけで絶対ウマイと確信が持てますよね。
この店に異名をつけるなら、名古屋市中川区の古豪こと【自家製麺 つけ麺 丸和】。
大将自身がカレー好きと公言しているだけあり、これは自信の1杯でしょう。
「日本人なら、みんなカレー好き!食べてもらえば、きっと美味しさは分かるハズだ!」
そう自信の一言を放ち、今回のイベントに出向していましたからね。
万人ウケ間違いなしのつけ汁は、独自のスパイスなどで作られた自家製のカレー。
コレにあっさりとこってりのスープをブレンドして完成させてあります。
あっさりが「嘉六」とこってりが「丸和」としてお店では提供されています。
その中間がハーフミックスでの提供ですが、今回のはそれに該当しますね。
シャビシャビすぎない、ややトロみが付けてあるまろやかなつけ汁。
冷めない様に石鍋で煮え滾る程にグツグツ煮込んで作られています。
この汁の熱さは、イベントで出されるつけ汁とは思えないくらいに熱々!
やはりつけ麺の汁は、これ位熱くないといけませんよね♪
辛すぎず甘すぎずのマイルさで、まさに老若男女楽しめるつけ汁です。

麺は、さっぱりして冷たくそしてしっとりした麺。
素材には、北海道産の小麦粉・岐阜県産の水を使用しているそうです。
自家製麺に定評のある【丸和】だけあって、やはり麺の旨さは折り紙つき!
もちもちして伸びのある自家製の平打ち麺は、長さも適度で浸し易い。
冷たい麺に熱々のつけ汁ですから、キャットタンでも難無くいただけます。
イベントでここまで美味しい麺がいただけるなんて恐れ入りました。
カレーが美味しいのでついつい浸けすぎて、危うく汁が無くなりそうでした(笑)

具材は、敢えてつけ汁に玉葱を入れず別添にしてあるのがイイですね。
形が無くなるまで煮込まれた玉葱が中に入っていると思います。
それとは別に用意するのが心憎い演出で、微塵切りなのもまた素晴らしい。
細かくなる事でシャリシャリ感もアップし、風味が濃厚なつけ汁に映えます。
200円で追加トッピングしたチャーシューは、薄くスライスされたものが3枚。
同じく100円で3本追加の赤ウインナーは、みんなが知ってるあの味。
いやはや、カレーに赤ウインナーなんてホント反則ですぜ(笑)
つけ汁の中に入った牛スジは、バラけてて麺と一緒に持ちあがってきます。
いわゆる牛スジ煮込みカレーで、牛スジのエキスがカレーに与える旨味は絶大!

食べ終わった後に思ったのは、やっぱり御飯が欲しくなった事です(笑)
ココも毎回並びがある人気店で、初めて訪れたのはサイト開設以前の事。
初訪問は、真夏の正午に炎天下の中で長時間並んだ時でした。
でも、並んでも食べたい旨さで、春田本店のあの雰囲気も大好きです☆
コラボつけ麺も良いですけど、個店のつけ麺もレベル高いですね~♪
有名店ばかりが一堂に会したイベントは本当にどこもハイレベルです!
さて、次回がいよいよラストです!最後を締めくくるのは・・・?ご期待下さい!
次回へ続く。

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

タイトルとURLをコピーしました