2011年170杯目 岐阜県 『白神』

店舗情報

店名麺屋 白神
住所岐阜県関市巾2-144-6 巾コーポ1F (地図)
電話番号0575-25-0656
営業時間11:30~14:00 18:00~21:00
定休日月曜、火曜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名三段バラ
価格680円
見た目豚肉がテンコ盛りで垂涎の状態になります(笑)
タレの種類醤油
麺の種類極太縮れ(平打ち)
具の種類ネギ・メンマ・キャベツ・ニンニク・卵・豚肉・海苔・唐辛子

感想

愛知県を中心に記事を綴っている当サイト。
・・・なのですが、今回は初の県外進出を果たしました。
サイトを開設する前は、県外に行くのなんてファッション目的ばかりでした。
事前に自分の好きなブランドを取り扱いしているショップをリサーチ。
セレクトショップやファッションビルやファッションエリアに赴く。
もしくは、古着屋を中心に巡るなどしていて食事なんか二の次でした。
今も服は勿論好きですが、そこに現在はラーメンが加わったんですよね。
折角こういったブログを書くのなら、見聞を広げたくもなります。
という事で、今回は完全に麺活目的で岐阜県まで遠征しました。
目指すのは【東海つけ麺祭り】にて衝撃を受けた【白神】です。
岐阜県関市を訪れるのは人生初で、こんな機会が無ければ来なかったでしょう。
高速道路をひた走り、下道へ降りてから車通りの少ない道路へ。
カーナビに従い運転すると、静かな場所に【白神】を発見しました。
夕暮れ時のひっそりした場所に、一際目立つ白く神々しく輝いた店舗。
それが【白神】で、静かな場所に似つかわしくない程の人だかりがありました。
流石は人気店だけあり、県外ナンバーの車もチラホラあります。
暫く外で待ってから入店し、券売機の前に立ちます。
すると、終了間近だと言う人気の限定麺がまだ残っているではありませんか!
初めて来た店でいきなり注文・・・しちゃいましょうか(笑)
それではいただきます。

タレは、とても香り高い醤油ダレを使用しています。
二郎インスパイアのまぜそばと言うことですが、豚骨醤油ではなく醤油ダレ仕様。
こういった部分でオリジナリティを出していますが、これが只者ではない!
提供から匂いで先制攻撃を喰らい、混ぜれば混ぜるほど香りが良くなります。
濃い目の味で油の含有率も結構ありますが、これは混ぜ易くする為です。
混ぜればオイリーさは消え、ガツンとした味の中に上品さも漂います。

麺は、並盛で注文したのですが何と麺量が270gあります。
まぜそばなのでデフォルトでも多いのは分かりますが、これはかなりのボリューム。
【二郎】の汁無しのインスパイアだけあって、この辺はリアリティがありますね。
ただ、この麺はそんじょそこらの麺とは違う【白神】自慢の自家製麺です。
つけ麺と同じ平打ち麺で、極太麺だけに迫力はありますが食べさせる力があります。
豪快に混ぜて、全体に絡まった所で一気に啜れば弾力・食感・風味と隙が無い。
醤油ダレも抜群に合い、シンプルながらも麺を美味しく食べさせてくれます。

具材は、ニンニクの有無は当然二郎インスパイアならアリでしょう!!
細かく刻まれたニンニクは全体に混ぜ込み易く、パンチを生むので必須です。
ニンニクをしっかり効かせた後は、今度は辛味の出番です。
輪切りにされた唐辛子は多少炒めてあるのか、辛さの中に香ばしさも垣間見えます。
スパイシーさの加減も良い塩梅ですが、それを程よく緩和しているのは卵。
卵は混ぜ易さと啜り易さも助け、醤油ダレとも合う立役者的なニクい演出。
メンマはザクザクの歯切れで食感にアクセントを出しますが、それだけではない!
キャベツのポリポリ感&シャキシャキ感&フレッシュ感も忘れてはなりません。
そして主役の豚バラ肉はカリッとして、脂身と赤身の層がナイスなバランス。
味付けも程良く、タレに麺とマッチしており味わいに華を添えていました。

タレ・麺・具を混ぜると、旨い!と言う叫び声がマントルまで突き刺さる(笑)
三位一体のバランスも秀逸で一心不乱にガッつき、速攻で完食しました。
コテコテでクドい感じは皆無で、見た目よりもずっと食べ易かったです。
文句ナシの1杯でしたが、御飯を注文し忘れたのが悔いが残ります。
やはりハイレベルなお店である事は間違いなく、いきなりの限定ですが大正解!!

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

麺屋 白神つけ麺 / 関駅刃物会館前駅関市役所前駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました