2011年180杯目 刈谷市 『らいこう』

店舗情報

店名つけ麺 らいこう
住所刈谷市一ツ木町3-7-6 (地図)
電話番号0566-21-5666
営業時間11:30~14:00 18:00~22:30
定休日火曜、水曜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名らいこうつけ麺
価格750円
見た目つけ汁の粘度の凄さが一目で分かります
つけ汁の種類魚介豚骨
麺の種類極太縮れ
具の種類メンマ・チャーシュー・刻み海苔・魚粉・玉葱

感想

コチラは、昨年2010年6月にオープンした準新店。
三河エリアで有名な【カレーうどん かいこく】のセカンドブランドだそうです。
カレーうどんのお店がつけ麺専門店を出すというだけで気になりますよね。
で、気になっていたのに訪れるのをすっかり忘れていました(汗)
まぁサイト開設後なので良しとしましょう(笑)
入店すると、黒を基調とした内装に白い椅子が映える洒落た造りですね。
厨房はカウンターには囲まれていますが、見えない様に設計されています。
しかし、配膳スペースにはゆとりがあるので店員さんもスムーズに動けています。
メニューは、定番の魚介豚骨とカレーつけ麺の2枚看板での提供。
迷いましたが、屋号を冠したらいこうつけ麺をチョイスしました。
それではいただきます。

つけ汁は、石鍋で提供されますのでキャットタン泣かせの超熱々仕様。
石鍋ですから冷めないので、つけ麺のウィークポイントは解消されています。
レンゲで掬ってみると、濃厚の度合いを遥かに振り切ったドロドロ感。
形は違いますが、この超濃厚ドロスープは【大岩亭】を思い出します。
恐らくは愛知県内でも屈指の濃度と言っても過言ではないでしょう。
ドロドロだけでなくネバネバの粘度もあるので、液状よりは固形物寄り。
ポタポタ垂れずにドロッとゆっくり流れ落ちる感じです。
シチューっぽいというレビューも拝見してはいましたが成程!分かる気がします。
飲むと言うより食べる感じに近くて、新感覚と言えます。
豚骨だけでない甘味とこのドロ感から言って、きっとベジポタも使っていますね。
口当たりはまったりしていますが、節や魚介で適度に引き締めもあります。
兎にも角にも、これほどの粘度&濃度はつけ麺では前代未聞で驚きました。

麺は、定評のある【林製麺】ブランドの麺を使用しているそうです。
種類は2種類で、券売機にて中華麺と全粒粉麺のどちらかを食券購入時に選べます。
全粒粉麺が人気の様なので、ここは敢えてのノーマル中華麺を選択しました。
先述の通りつけ汁がドロドロなので、麺を浸すのも一苦労するほど。
更に粘度があるので絡むと言うよりも、寧ろ張り付いている様です。
そうなると当然つけ汁の減る速度も増すので、浸けすぎ注意ですね。
茹で加減も良く、しっかり締められていますので歯応えや弾力も申し分ない。
風味や香りも良く【林製麺】の麺の良さが活かされています。

具材は、つけ汁と麺を重視しているのでトッピングはシンプル。
チャーシューの形状はキューブ型で、つけ汁に浸されています。
所謂バラチャーシューですが、ゴロゴロしていたので食べ応えに不足は無いです。
玉葱は微塵切りにされており、口当たりにアクセントを出していました。
メンマも沈んでいますので、熱々なのでしっかり冷まして食べましょう。

母店がカレーうどんのお店ですから、カレーつけ麺にも興味があります。
なので次回はカレーつけ麺をいただくとしましょう!
そちらの方が自信作でしょうから、楽しみに取っておきます。

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

つけ麺 らいこうつけ麺 / 一ツ木駅知立駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました