2011年53杯目 昭和区 『来福』(閉店)

店舗情報

店名一口餃子専門店 餃子バー来福
(GYOZA-BAR ~RAI FUKU~)
住所名古屋市昭和区塩付通2-20 メイフェア塩付1F (地図)
電話番号052-710-0303
営業時間19:00~翌2:00 (L.O.~1:30)
定休日月曜
駐車場なし

本日の1杯

メニュー名極太担々麺
価格820円
見た目オレンジ色に輝くスープがなんとも美味しそうですよね♪
スープの種類担々
麺の種類太縮れ(全粒粉・平打ち)
具の種類青ネギ・白髪ネギ・チンゲン菜・鷹の爪・胡麻・肉味噌

感想

夜にふと担々麺が食べたくなり、深夜まで営業しているコチラへ。
餃子専門店ならば餃子もオーダーしない訳にはいかんでしょう!
と言う事で、餃子も合わせて注文しました。
それではいただきます。

スープは、器の形が歪で飲み口の付いたお洒落な丼でそこから飲めます。
って、その飲み口の写真を撮影し忘れてますけどね(笑)
どうやら残り3食だったらしく、もう少し遅ければ食べれない所でした(汗)
鷹の爪が入っているのと花椒が効いているのもあり、ビリビリ痺れます。
辛い・・・いや、旨辛いと言うのが正しくて、辛いけどしっかり旨いんです。
食べ終わった後には、いつも通り全身から汗が噴き出してました(笑)

麺は、こだわりの平打ち麺を採用していました。
大体は細麺が主流ですが、この平打ち麺がセールスポイントの様です。
国産の小麦粉を使った全粒粉は、なんと自家製麺!!
バーが主体の為、手間のかかる自家製麺は作る数が限られているそうです。
それにしてもバーで自家製麺とは驚きました。

具材は、甘い肉味噌の味付けがよくてスープにも良い影響を与えます。
食べ易い様に穴あきのレンゲが付いていたのもナイスな気遣いでした。
胡麻のまろやかで芳ばしい風味も美味しく、麺にもよく絡みます。
大きなチンゲン菜が2枚入って、シャクシャクの歯応えも旨し!

餃子は、野菜のシャキシャキ感が楽しめる中身ぎっしりの肉厚餃子。
肉汁たっぷりで超ジューシーなのは、鹿児島産の黒豚を100%使用だから。
豚肉の旨味が凄くて、流石は餃子専門店というだけあります。
実を言うと、このお店がバーと知ったのは訪れた後の話。
何せ屋号の「BAR」の部分を思い切り見落としてましたからね(笑)
名前からして中華料理屋さんかと勝手に思ってました。
案の定、まさかバーと思わずに入店前に3回くらい通り過ぎました(笑)
店主曰く、私と同じパターンの人はちょくちょく居るらしいです。
うん、同じ事をする仲間がいて良かったと一安心しました(笑)
店内は完全にバーの雰囲気で、BGMもオシャレなジャズがムードを演出。
本格的なバーカウンターでラーメンを食べるのは初めての体験でした。
バーと言う事もあって、私以外の来客は皆さんお酒を飲みに来てた方の様です。
フードメニューを1人でガッツリ食べる私は、さぞ浮いてたんでしょうね(笑)
店主はニコニコして物腰も柔らかく、爽やかでとても感じの良い人でした。
無料でウーロン茶をサービスしてくれたのも嬉しかったです♪
今度はラーメンを食べる目的ではなく、お酒を飲む目的で来たいお店です。

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

餃子バー 来福バー / 御器所駅川名駅吹上駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました