2011年94杯目 昭和区 『翠蓮』

店舗情報

店名 らぁめん 翠蓮
住所 名古屋市昭和区花見通3-11 ハートイン杁中1A (地図)
電話番号 052-833-0572
営業時間 11:30~14:00 18:30~20:00
定休日 火曜、水曜
駐車場 あり

本日の1杯

メニュー名 濃いめ焼き干し 味噌
価格 990円
見た目 トッピングを1つとってもこだわりが感じられます
スープの種類 味噌
麺の種類 中太ストレート
具の種類 ネギ・メンマ・ニンニク・チャーシュー・豆苗・糸唐辛子

感想

実はコチラのお店、過去に5回来てますが毎回スープ切れで終了(泣)
早仕舞いでフラれまくりなので、なかなか紹介出来ずにいたお店です。
私とはそもそもの相性が悪いのか、私自身の普段の行いが悪いのか(笑)
店主がインドネシアのバリ島が好きだそうで、リゾート風でエキゾチックな店内。
エスニックなBGM「ガムラン」の流れる雰囲気が、まるでアジアンカフェの様相。
ラーメン屋とは思えない雰囲気ですが、近頃そういったお店も増えつつあります。
ただ、オシャレ過ぎて予備知識無しで来店したら通過してしまうでしょう(笑)
今回は、ようやく来れたので1日限定25食のメニューを食べようと思います。
それではいただきます。

スープは、高級食材である追い焼きアゴを使用しています。
この飛魚の焼き干しは、非常に旨味が強い事で知られています。
焼きアゴと言えば、常滑市の【昭和呈】がパッと思い浮かびますよね。
それに次ぐお店だと、岡崎市の【まるぎん商店】もありますね。
同じ食材とはいえ、産地の違いやメーカーによって違いはあります。
こちらではガツンとコッテリのスープに仕上がっています。
厚い油膜が表面に張り、それを解くと熱い湯気が立ち上ります。
その下から顔を出すスープは、旨味がグッと凝縮している上に味噌がプラス。
この味噌は岐阜県郡上市の郡上味噌を使用しているそうです。
焼きアゴと郡上味噌の融合は、得も言われぬウマさですね♪
甘味やコク深さやトロみを含み、極上の旨さへと仕上がっています。
仮に具材が無くとも、スープのみのかけスタイルで食べれるほど旨い!
飲む度に、後から後から焼きアゴの旨味がじわじわ追いかけてきます。
旨味を活かす為に荒く濾してあるのか、魚の身がスープの底に残っていました。

麺は、中太のストレート麺。
丁度啜れる程良い長さに、小麦の配合率も秀逸で香り高く仕上がっています。
しっとりさを感じる加水率にモッチリ跳ねる様な硬め食感。
スープの濃さにも物怖じしない存在感のある麺でした。

具材は、バーナーで香ばしく炙ったチャーシューは適度な焦げ目。
若干ながら渋味も帯びていますが、これがまたイイ味出してます。
腐乳を使ったオリジナリティもあって、一度食べたら病み付きになります。
細切れのバラチャーになっているのも、スープや麺に絡み易くてGOOD!
そして、散らしてあるので箸休めに幾度も堪能出来るのが良い。
手割きメンマは、コリッコリの歯応えが顎から脳に小気味良い食感を伝達。
シャリっとしたネギとスライスされたニンニクも各々の役割をきっちりこなしている。
更に豆苗が素晴らしい演出で、多くのラーメンは水菜がスタンダード。
しかし、硬い水菜よりもしんなりとした柔らかさと豆特有の香ばしさがあります。
見た目はカイワレと類似していますが、味わいはまるで別物です。
この豆苗が無くてはならない存在になっており、スープと麺に与える影響も絶大。
トッピングが単品でも美味しいのは、手が込んでいる証拠ですね。

今回いただいた濃いめ焼き干しシリーズは、醤油・塩もあります。
味噌がこれだけ美味しいならば、醤油と塩も確実に期待出来ますね♪
それから今回は忘れましたが、これはご飯を一緒に食べるのがオススメです。

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

らぁめん翠蓮ラーメン / いりなか駅川名駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました