2012年32杯目 岐阜県 『真屋』

店舗情報

店名鳥そば 真屋
住所岐阜県大垣市熊野町4-6 (地図)
電話番号0584-91-2289
営業時間11:00~14:30(水金~13:45)
18:00~20:30(水金のみ)
定休日火曜、月木土日祝の夜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名鶏そば
価格650円
見た目クリーミーに泡立つ乳白色が美しい!
スープの種類鶏白湯
麺の種類中太縮れ
具の種類チャーシュー・穂先メンマ・海苔・水菜・玉葱・糸唐辛子

感想

東海エリアで最強の鶏白湯と言われているのがココのラーメン。
入店した瞬間に鼻を刺激する良い意味での鶏臭さが食欲を掻き立てます。
豚臭いというのはよく聞きますが、鶏のパターンはなかなか無いですよ。
この香りの時点で、既に鶏に拘っているのが感じ取れます。
店内には有名人のサインも多く見られましたので、メディアの取材も多そうですね。
因みに大将は、同じ岐阜県の【中村屋】で修行した経験があるそうです。
前回は油そばをいただきましたので、今回は鶏白湯を注文しました。
それではいただきます。

スープは、トロトロでポタージュみたいにトロみがあります。
これが噂に聞く、いわゆる鶏ポタージュというスープでしょうか?
エキスによるベタ付きもあるので、すぐに口の周りがテカテカに。
これは鶏の濃度が十分である事を指し示す指標とも言えますよね。
食材には奥美濃古地鶏や丸鶏を使用してあるそうです。
地鶏の深みのある味わいに、丸鶏の丸みのあるまろやかな味わい。
これらを掛け合わせる事で重層感を生み、鶏の旨味が口中を跳ね回る。
甘味やコクも申し分なく、これぞまさに鶏白湯の真骨頂と呼ぶに相応しいです。

麺は、スープをドッシリと持ち上げるのに最適な中太麺を採用。
この太さ以外は有り得ないと思えるほどにしっくりきます。
私如きの素人目でも理解出来るくらいスープにカチッとハマります。
加水率も適度で風味も良く、濃厚なスープでも麺の香りを楽しめる造り。
食感は硬めで、もっちもちの歯応えをしっかり噛み締める事が出来ます。

具材は、トライアングルな形状の海苔が印象的。
穂先メンマがとても柔らかくて、噛めばジワッと甘味が溢れます。
風味もビジュアルもスープにマッチングして、これはイイですね!
水菜や玉葱のシャッキリ感は、濃厚なスープに爽やかな風を呼び込みます。
チャーシューも同じく濃厚なスープに合う様に、脂身が控え目であっさりした味わい。

白く輝くビジュアルは、遙か天空に架かる虹の様に美しい。
どんなに私が美辞麗句を羅列しても、説明出来ないほど素晴らしい1杯でした。
アゴのダシそばも気になってしょうがないのでまた来ます♪

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

真屋ラーメン / 荒尾駅

昼総合点★★★★★ 5.0

タイトルとURLをコピーしました