2011年56杯目 半田市 『日の出らーめん』(閉店)

店舗情報

店名日の出らーめん 半田分店
住所半田市有楽町6-100-1 (地図)
電話番号0569-31-0051
営業時間11:00~23:00
定休日年中無休
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名ガッツ麺DX
価格780円
見た目「ジャンクフードの王様」と書いてありましたが、まさにその通り
タレの種類醤油
麺の種類極太縮れ
具の種類ネギ・チャーシュー・チャーシューマヨ・卵黄・香味脂・辛肉味噌

感想

コチラは、2011年3月にオープンしたばかりの新店。
この店舗の近辺にはラーメン店も多く、ちょっとした激戦区みたいなものです。
【半田開化亭】【有楽ラーメン】【幸楽苑】【灯台軒】【わっぜ】などなど。
そんな熱いエリアに一石を投じるが如く誕生したのがこのお店。
本店を神奈川県横浜市に置き、県内では名古屋市に系列店があります。
知多半島エリアには初出店ですが、資本があるだけに他店にも負けない力があります。
入店してみると実に男っぽい雰囲気の店で、案の定お店の中は野郎100%(笑)
狭い店内に男性ばかりなので、圧が凄かったです(笑)
因みに、この店の真横には女性向けのお洒落っぽいカフェがあります。
対称的なお店が横並びになっているせいか、より男っぽさを際立たせていました。
初訪問でチョイスしたのは、野郎向けガッツリタイプのまぜそばです。
それではいただきます。

タレは、辛めで塩気の強いキレキレの醤油ダレ。
豚骨でやや甘味は加わりますが、シャープさは収まりません。
いやはや、これは確かにぶっちぎりのジャンクさですね。
ジャンクフードの王様というキャッチフレーズは間違いありません。

麺は、福島産との事なので直送でしょうか?
極太麺なので、どっしり重く強烈な噛み応えです。
なるべく油を多めにしてオイリーにした方が滑りも良くなります。

具材は、他のお店には無い個性的なビジュアルの物が3品あります。
それは、チャーシューマヨ・肉味噌・香味脂の3つ。
盛り付けがまるで「アイスクリーム?ポテトサラダ?」と言いたくなるビジュアル。
恐らくはディッシャーを使用しているのではないかと思います。
でも、丸い盛り付けなんてなかなか無いので面白いですね。
チャーシューマヨは、ツナマヨに近い食感ですね。
肉味噌は、辛くてキムチに近い味なので韓国風の調味料を使っているのかな?
香味脂は、香味油と違ってそのまんま脂の塊です(笑)
一応、かき混ぜる前に一通り具材を味見しますが・・・うん、当然濃いですね(笑)
そりゃあまぜそばなので、混ぜる事で真価を発揮する具材ですね。
全部混ぜて食し、途中で香味脂を絡めて味の変化を楽しみます。

味変はトッピングだけでなく、卓上のガッツ麺のタレやラー油などでも可能。
更に、胡椒や魚粉を振ってスパイシーさや渋味も試します。
加えて唐辛子で辛味を加えつつ、酢でガッツリなのにさっぱりの矛盾を体感。
ラストにおろしニンニクでインパクト与えてフィニッシュ!
これでカウンターにある無料の調味料を全てを混ぜました(笑)
普通は味がバカになりそうですが、これが不思議と纏まるんですよね。
流石はジャンクの王様です!

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

日の出らーめん 半田分店ラーメン / 青山駅東成岩駅

昼総合点

タイトルとURLをコピーしました