2019年21杯目 豊橋市 『さかなや』

店舗情報

店名らーめん専門店 さかなや
住所豊橋市東脇4-1-31 (地図)
電話番号0532-33-2688
営業時間11:30~14:00 18:00~22:00(L.O.~21:30)
定休日月曜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名TAKAみちのく 宇宙人らーめん
価格1000円
見た目三度笠をモナカで表現するなんて流石ですね!
スープの種類豚骨醤油
麺の種類極太縮れ
具の種類イカ・メンマ・モヤシ・モナカ・ニンニク・ケチャップ
チャーシュー・じゃがりこ・白髪ネギ・玉子・一味唐辛子

感想

【Oi!ラーメン企画 第9弾】の21杯目。
豊橋市の【らーめん専門店 さかなや】の第5弾をご紹介します。
今回の出場選手は、岩手県盛岡市出身のTAKAみちのく選手です。
高校生時代に培ったレスリング技術でユニバーサルプロレスリングに入団しました。
今では存在しない団体ですが、日本初のルチャを軸にした団体だったそうです。
所属は、グラン浜田選手・ウルティモドラゴン選手・スペルデルフィン選手。
他にも新崎人生選手・カズハヤシ選手・ディック東郷選手・愚乱浪花選手など。
現役バリバリでCMLLで活躍中のOKUMURA選手も居たそうです。
そして現在もTAKAみちのく選手と共に新日本マットで活躍する邪道・外道選手。
今思えばそうそうたるメンバーですが、団体は僅か3年持たずして解散。
入団から3ヶ月の92年にデビューするも、身体が小さくて技術も乏しかったそうです。
リングネームは、サスケ選手のリングネーム「MASAみちのく」を引き継いだそうです。
ただ、未熟なので名前負けしてしまい当時は批判を浴びる事が多かった様です。
仲間達と切磋琢磨して少しずつ腕を磨くも、団体の火が消えかかります。
しかし、団体消滅寸前の時期に危機を察して動いていたのはグレートサスケ選手。
先輩であるサスケ選手が「みちのくプロレス」を旗揚げしたのでそちらへ移籍。
デビューから1年足らずで移籍を余儀なくされるなんて不運ですよね。
1993年に三度笠を被った入場スタイルに変更し、徐々に頭角を現し始めます。
入場曲は山本譲二の「みちのく一人旅」を使用していたそうです。
1994年には、デビュー2年足らずで新日本プロレスのスーパーJカップに参戦。
ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにも参戦し、脚光を浴びます。
因みに、今年行われるベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにも参加が決定しています。
それにしてもキャリア2年足らずで出場とは驚きですよね。
そう言えば、今年の大会にはヤングライオンの成田選手が出場しますね。
フリップ・ゴードン選手の代打出場ですが、成田選手もキャリア2年足らず。
当時のTAKA選手とキャリアは似ていますが、時代も違うので比較は出来ません。
でも、批判と逆境が意地と反骨精神を生んで、経験がTAKA選手を強くしたんですね。
1997年にみちのくプロレスを退団し、メキシコを主戦場とします。
そんな折、WWFへ移籍が決まっていたサスケ選手のテスト試合の相手に抜擢されます。
そこでビンス・マクマホンに気に入られ、WWFに入団が決まるのです。
入団からすぐにスターになり、初代ライトヘビー級王者にも輝きます。
翌年の1998年には年間最大のビッグマッチであるレッスルマニアにも出場。
これは、日本人では初のシングルマッチでの参戦だったそうです。
毎週の様に2m級の大男達としのぎを削っていたこの頃。
ちょうど伸び盛りの24歳~28歳の頃だったのが良い経験になったのでしょう。
それにしてもその若さでプロレス界最大の団体でトップレスラーですからスゴイ!
2002年にWWFを退団し、日本のマット界で転戦しながら数々のタイトルを奪取。
同年に自身の団体である「KAIENTAI-DOJO」を旗揚げ。
2011年に新日本プロレスのマットに上がると、最初は小島選手率いる小島軍に所属。
しかし、5月にタイチ選手らと結託して裏切ると同時に鈴木軍に寝返ります。
そこからは新日本プロレスを主戦場にしながら自身の団体でも活躍。
今年、自身の団体を退任し、新団体「JUST TAP OUT」の旗揚げを発表。
そんなTAKAみちのく選手をリスペクトした1杯が今回の商品です。
それではいただきます。

スープは、醤油か味噌のどちらかから選択出来ます。
AJが味噌だったので今回は醤油をチョイスしました。
油たっぷりのオイリースープですが、この油が口当たりをスムーズにします。
こってりした味わいですが、口当たりはとてもまろやか。
カエシのキレと豚骨の甘味のバランスが良く、濃くても後を引く味わい。
のらりくらりとまったりした試合運びが豚骨のまろやかさ。
ならば的確に攻め所でスピートアップして攻めるのがカエシのキレ。
どこかTAKA選手のファイトスタイルに通ずるものがありますよね。
テクニシャンぶりをいかんなく発揮したスープでした。

麺は、極太の縮れ麺を使っていますが麺量は200g。
プロレスで言えばジュニアヘビー級といった階級ですね。
啜ってみると、スープの油の力も相まってかスルッと素早く口の中へ。
まるでノータッチでトップロープに着地するTAKA選手の様ですね。
口に飛び込んだと思ったらムチムチの猛烈な噛み応えで物凄い威力!
これも着地したトップロープから場外へプランチャをするかの様な破壊力。
合わせてTAKA選手の宇宙人プランチャといった感じです。
因みに宇宙人のニックネームは、長州力選手の発言が由来。
スーパーJカップで「あいつは宇宙人か」と言われた事が元だそうです。

具材は、三度笠のモナカをかぶった玉子のTAKA選手がユニーク♪
玉子は崩れない様にモヤシがジャストフェイスロックくらいがっちり固めています。
更に玉子の下にはじゃがりこが支えているので転倒しません。
鈴木軍を支える縁の下の力持ち的なTAKA選手のポジションみたいですね。
ケチャップはサミングの様に小技として活躍し、ニンニクは多彩な蹴り技の様な強さ。
一味唐辛子は、脇固めや足四の字固めやドラゴンスクリューみたいに効果的。
そういった小技だけでなく、チャーシューが派手さを演出してくれます。
スイングDDTやモンキーフリップや場外ムーンサルト的な効果ですね。
そしてお馴染みのお菓子シリーズですが、今回は剣先イカが登場します(笑)
これをきちんと形にして纏めるバランスは本当にお見事です。
投げられてからの着地したり、不安定でも体勢を崩さない体幹の強さ。
さも容易に雪崩式や飛びつきのフランケンシュタイナーなど使うTAKA選手の如し。

いやはや、丼の中で疾風怒涛の攻めを見せてくれた1杯でした。
流石は疾風のテクニシャンのTAKA選手をリスペクトしただけありますね。
食べ終わりも、みちのくドライバーみたいにドスンときましたから♪
これを機会にTAKA選手の昔の映像を振り返りましたがマジでスゴイです!
是非、今のTAKA選手しか知らないファンにも観て欲しいです。

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

らーめん専門店 さかなやラーメン / 豊橋駅新豊橋駅駅前駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました