2011年116杯目 安城市  『大岩亭』

店舗情報

店名豚骨 大岩亭
住所安城市緑町1-16-9 (地図)
電話番号090-4231-6503
営業時間11:00~14:00 17:00~21:00
定休日月曜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名のりチャーシューメン
価格850円
見た目コレが噂のレンゲが立つと言われるスープです
スープの種類豚骨
麺の種類太縮れ
具の種類ネギ・チャーシュー・海苔

感想

今回は、超絶インパクトのあるラーメン屋さんを訪れました。
コテコテの濃い味を欲してココまで来ましたが、待ち受けるのはコテコテの店主(笑)
駐車して入口に向かおうとすると、店主が歩み寄ってきて店内へ誘導してまらいました。
広い店内には先客が1人だけでしたが、わざわざ外まで出迎えてくれるサービス。
しかも、ファーストコンタクトからとってもニコニコしていて好感触です。
これは「第一印象から決めてました」状態ですね・・・例えが古いかな(笑)
オーダーを取り、静かな店内にラジオの音が響く中で待ちます。
すると、静寂を打ち破る様に「ハイ~~~~~~~~~~~~~!」と大声が!?
コレなんですが、何の誇張表現もしておらず本当に大声なんです(笑)
何事かと振り向くと、その大声は湯切りをする時の掛け声でした。
物凄く特徴的なので、愛知ラーメン界の名物となる事は間違いナシでしょう!!
目が離せないと思い、1人で切り盛りする店主の厨房を見ながら待ちます。
程無くしてラーメン到着したので、Oi!さ~~んチェック(笑)
それではいただきます。

スープは、見た目以上の超濃厚さで豚骨の迫力が身体中を駆け巡る!!
豚の頭・丸骨・豚足・昆布・生姜・椎茸・玉葱を加えて煮込んだと言うドロドロスープ。
カエシは、2種類の濃口醤油・溜り醤油・椎茸・煮干・鰹節・昆布を煮立てる製法。
スープを最低1週間寝かした後、提供前にこの手の込んだカエシを合わせるのです。
色は曇天の空模様の如く濁っていますが、その色彩に隠蔽された味とは?
啜ってみると、このスープの色でこの旨さとはまさに大ドンデン返し(笑)
魚介の支えもあるのですが、とにもかくにも想像を絶する濃厚さ。
この濃厚さを超えるスープには、今後出会えないと思えるほどです!

麺は、スープが強過ぎるのでそれに合わせた太麺でなければならないでしょう。
かなり硬めでガッシリ太く、超濃厚スープをしっかり受け止めています。
それどころか、スープをつけ麺以上に絡めるストロングさがあります。
麺を食べ終える頃には、スープの残量も僅かばかりしか残りません。

具材は、ネギ・チャーシュー・海苔のみという潔さ。
スープと麺だけでも十分過ぎてお釣りがくるので、これで良いのです。
チャーシューは薄め&小さめですが、このスープならこれくらいが丁度イイ。
これで大きいチャーシューにしようものならクドくなり過ぎますからね。
海苔とネギが美味しく食べれるスープで、ライスと合わせるのもオススメ♪

合間を見て店主が話しかけてくれますので、楽しいお食事が出来ました☆
先客が帰る時に、駐車場から車道に出て完全に視界から消えるまでお辞儀していました。
その超ド級の元気さ・姿勢・感じの良さと、ひたむきな姿に心をうたれました。
私が帰る時も車まで見送っていただき、本当に素晴らしい店主でした。
ラーメンも店主も、個性がかなり濃い~~~ので、必見の価値アリ!!
私が「愛知県で1度は行って欲しいお店」を選ぶとしたら、即ノミネートに入るお店!
駅も近くアクセスも良いので是非!!

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

大岩亭ラーメン / 東刈谷駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました