2011年157杯目 半田市 『さくら』

店舗情報

店名麺屋 さくら
住所半田市出口町1-45-16 (地図)
電話番号0569-23-4741
営業時間11:00~15:00
定休日火曜、水曜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名印度の荒武者
価格980円
見た目ナンが出てくるラーメン店は日本中探してもココだけですよね(笑)
タレの種類カレー
麺の種類極太縮れ
具の種類ナン・パセリ・ミンチ・ピーマン・パプリカ・ひよこ豆・玉子

感想

数回に渡り記事にしている「荒武者サミット」のコラボレーションメニュー。
参加店は【まるぎん二号】【弐番手】【たご】そしてこのお店の4軒。
3軒は回りましたので【さくら】が最後の1杯となります。
参加店全てがハイレベルなのでコンプリート出来て良かったです。
日清製粉が如何にこの新製品の荒武者に力を入れてるのか?
この小麦粉を如何にしてアピールしていきたいのか?
その両方がこの「荒武者サミット」で分かりました。
最後の【さくら】は、先日記事にしたコレも仰天メニューでしたね(笑)
その仰天を凌駕する、荒武者限定麺が今回紹介するメニューです。
先ずは店内に貼ってあるこのメニューの告知ポスターが素晴らしい!
あのタイガー・ジェット・シン選手の写真を掲載しており、プロレスファンは狂喜乱舞!
インド繋がりだと思いますが、フェンシングサーベルを口に銜える姿が懐かしいですね~。
話題がマニアックになってしまいましたが、インドの狂虎ならぬ印度の荒武者。
ネーミングがカッコイイですし秀逸ですね~♪
それではいただきます。

タレは、ベースをキーマカレー風にしつつも汁気を出してあります。
カレー特有の食欲を増進させる香りは、提供前からテンションが強引に上げさせるほど。
口元に運べばボルテージはマックスになり、口に含めば完全にノックアウト!
スパイシーな味わいに一瞬にして虜にさせられ、意識を全部持っていかれました。
大将の料理人としてのスキルの高さは理解していました。
そう・・・理解していたつもりでしたが、想像の遥か上空をいかれましたね~。
月並みな感想ですが、これはメチャクチャ旨かったです♪

麺は、カレー焼きそば?それとも焼きカレーうどん?
いやいや、カレーパスタのインディアンかと思いましたが、それとも違います。
そうなんです、コレはありそうで無かったカレーのまぜそばなんです。
もちろん荒武者を使用し、極太の多加水麺にして製麺。
プリンプリンと左右に揺れる啜り心地に、ガチッとした硬めの歯応え。
そしてモチッムニュッとした豊かな弾力と食感と溢れ出る風味が楽しめます。

具材は、キーマカレー風なのでカレーミンチを軸にしています。
パセリで風味と彩りを添え、ピ-マンとパプリカで苦味をプラス。
パプリカ・ピーマン・パセリは細かく刻んであるので薬味の様な役割もあります。
玉子を崩した時の味の変化も、まろやかさと甘さを生む秘訣。
どれをとっても1つ1つが特筆すべき点である事は間違いない!
インドカレーなどで目にするひよこ豆は、よく茹でられてホクホク。
ジャガイモの様な味で、これも無くてはならないアイテムです。

そして皆さんお待ちかね、今回の創作メニューの最大の注目ポイント。
それがこのナンで、まさに大将の腕の見せ所でもあり真骨頂!!
まぜそばで食べた後、残ったカレーをナンでいただきます。
ナンは、手で食べるのでどうしても汚れてしまいますよね?
でも、御使用下さいとお手拭を提供して貰えるサービス付きなんです。
ビックリしたのは、通常は麺に使用するハズの荒武者。
これをなんとナンの生地に使用して焼き上げたそうです。
すごすぎる発想の転換に、スタンディングオベーションを送りたいですね♪
その拍手喝采のナンは、モチっ・カリっ・パリっとした食感。
生地の伸びや風味も極上で、甘味がカレーの辛味にこの上なく合う!
更にコールスローサラダも付いて、大満足を超える超満足!!!
「荒武者サミット」は、本当にどこも素晴らしかったです♪

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

麺屋さくらつけ麺 / 住吉町駅半田口駅知多半田駅

昼総合点★★★★★ 5.0

タイトルとURLをコピーしました