2012年69杯目 大府市 『晴レル屋』

店舗情報

店名麺の坊 晴レル屋 総本店
住所大府市月見町1-297 メゾンパラディ大府1F-D(地図)
電話番号0562-47-5432
営業時間11:30~14:00 18:30~22:00
定休日月曜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名冷やし塩まぜそば
価格650円
見た目夏を感じさせる涼しい1杯でピンクの麺が衝撃的
タレの種類
麺の種類太縮れ(平打ち)
具の種類メンマ・チャーシュー・刻み海苔・豚肉・紫蘇・梅肉・玉子

感想

この日は、久しぶりに【晴レル屋】を訪問しました。
昼営業の閉店間際でしたが、それでもまだ5組ほど外待ちがありました。
猛暑の中でしたが、その人気は衰えを知りませんね。
回転を上げる為か、従業員が外待ち客に順に食券購入を促してくれます。
こう言ったちょっとした配慮がありがたいです。
券売機を見ると限定麺を3種類提供しており、2種類は売切れの様子。
折角なので残る1種類を選択しました。
入店して中待ちのあと着席し、注文の品が到着します。
それではいただきます。

タレは、目視では確認出来なかったので予め絡めてある様です。
それでも確認せずにはいられないので、底にあるタレで意地のテイスティング(笑)
これをしないことには記事が書けませんからね(笑)
味を確かめると、夏らしいさっぱりした塩気が心地好いです。
キレもあるので、まぜそばですがまったりしないのがイイですね。

麺は、2つの特徴があります。
1つめは梅が練りこんであるので桃色である事。
2つめは日清製粉の小麦粉「荒武者」を使用している事。
梅の風味は厭味が無い程度に酸っぱさがあり、涼しげな風味があります。
そして平打ち麺の弾みのある噛み応えに「荒武者」の小麦が香ります。
どちらの特徴も活きており、この麺だけでも食べる価値がありました。

具材は、まずは1品づつ味わってから奥義ロメロスペシャルを決めます。
先ず全体にたっぷりと絡まるのは、しっかり擦り潰された梅肉。
そこに刻み海苔や紫蘇が加わり、涼感をアップさせてくれます。
チャーシュー以外に、ほぐし豚があるのもポイント。
爽やかさだけでなく、食べ応えをアップさせるのにも効果的です。
味のよく染み込んだメンマは、ザクザクでコリコリの歯触り。
メンマの濃厚な味わいで、あっさりした口の中に重みを齎します。

ランチタイムだったので、ライスが無料でいただけました。
そうなると丼の中にダイビングセントーンは必須ですよね。
きっちり追い飯して完食しました。

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

晴レル屋ラーメン / 大府駅)

昼総合点

タイトルとURLをコピーしました