2012年76杯目 中村区 『香』(閉店)

店舗情報

店名中華そば 香
住所名古屋市中村区太閤通9-21 (地図)
電話番号052-481-5306
営業時間11:00~15:00 18:00~22:00
定休日火曜
駐車場なし

本日の1杯

メニュー名特製厚切りチャーシュー麺
価格880円
見た目一発で眼球に飛び込んでくるのは、やはりこのチャーシューですよね!
スープの種類醤油
麺の種類極細縮れ
具の種類ネギ・メンマ・チャーシュー・海苔

感想

今回は、不死鳥の如く甦った伝説のお店【慈庵】へ!
と、意気揚々と伺いましたがスープ切れにてフラれました(泣)
因みにこれで【慈庵】にフラれたのは、ダントツの6度目かな(笑)
人にはモテませんが、せめてラーメンにはモテたいな~(笑)
行き先変更を余儀なくされたので、まだ記事の無かった中村区へ移動。
比較的新しいお店の【香】を訪れる事にしました。
コチラは大通りから少し裏手に入った場所に位置します。
目立たない場所なので迷って探して入店すると、店内は意外と広め。
注文する品は決まっていましたので、着席後すぐにオーダーして箸を割ります。
それではいただきます。

スープは、中華そばライクな色合いをしていますね。
見た目は濃いめですが、濃すぎず薄すぎない中間の味わい。
この絶妙な塩梅は店主の技量の成せる技でセンスが光りますね。
インパクトには控え目ですが、その大人しさにこそ良さがあります。
ついついレンゲの進む甘めスープで、お湯割りっぽい感じもありますね。

麺は、他の店舗ではあまりお目に掛かれない極細の縮れ麺。
等間隔に波打つ綺麗な形状で、啜るとチュルチュルした音がします。
つるつるした喉越しと、しこしこした歯応えはどこか懐古的。
屋台風な感じもあって、こういうの好きです。

具材は、文字だけで見ると至ってシンプル。
でも、そうはさせないのがこのチャーシューの存在感です。
まるでエアーズロックの様に巨大なチャーシューはまさに肉塊。
【まるぎん二号】【八百善】【まさ春】を彷彿とさせるボリュームです。
この分厚さですが、箸で切れる柔らかさは丁寧な仕事の証拠。
国産豚らしく旨味も抜群で、これが2切れ入っていますのでお腹も大満足です。

メニューは、480円の中華そばが基本と品揃えもシンプル。
それを軸にチャーシュー麺と今回の厚切りチャーシュー麺がありました。
新しいお店ですが、店内もメニューもノスタルジックで昭和の雰囲気があります。
ご夫婦で経営されてる様子で、ほんわか和むお店でした。
余談ですが「美味しいラーメン屋教えて下さい」と言う質問って難しいですよね。
理由は、こってりかあっさりか、醤油・味噌・塩・豚骨などの種類は何か?
これを言わずに聞いてくる方が実に多いからです。
人それぞれ好みがありますので、それを指定した上で聞いてもらえると助かります。
何故なら、紹介したのに「あんまりだったよ」と言われると悲しいです(泣)
きっとラヲタの皆様も、これと同じ経験がされた事があるのでは?

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

中華そば 香ラーメン / 中村公園駅中村日赤駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました