2012年80杯目 中区 『なおじ』

店舗情報

店名肉そば なおじ
住所名古屋市中区大須4-2-55 (地図)
電話番号052-253-9543
営業時間11:00~14:00 18:00~22:00
定休日月曜、水曜夜
駐車場なし

本日の1杯

メニュー名インス担々ジョンソン
価格750円
見た目赤光(斉藤茂吉の歌集じゃないですよ)を放つが如き
燃え滾るような真紅のスープ
スープの種類味噌
麺の種類太ストレート
具の種類ネギ・モヤシ・鷹の爪・擂り胡麻・豚肉・一味唐辛子

感想

今回は【喜多楽】の2号店である【なおじ】に初訪問。
オープンしてから常に混雑している人気店です。
なので愛機であるマクラーレンF1を飛ばしてポールで訪問(笑)
場所は【喜多楽】が東別院で【なおじ】が大須と近くにあります。
来店すると、この日より始まった限定麺があるとの事。
入店してそそくさと食券を買って着席します。
この限定麺は「めちゃブリ」と言う番組の企画とのタイアップ商品。
見たこと無い番組なので詳しくは分かりませんが(汗)
どうやら番組出演者のお笑い芸人の名前からメニュー名が付いてる様です。
一番奥の席に座ると、目の前の厨房には林大将のお姿が!!
有名店の大将に自ら作ってもらえると嬉しいですね~。
その反面、掴む箸と味わう舌にも緊張が走ります。
因みに屋号は、大将の下のお名前から付けたのかな?
厨房を眺めながら待っていると提供されました。
それではいただきます。

スープは、赤く光輝きフワリと香ばしい胡麻の香りが漂います。
しかし、真っ赤な色合いですから見るからに辛そうで熱そうです。
見た目そのままに一度口に含めば、劫火の如き辛さが口中を迸る!
「~~~~~~~~~ッッッッッツツツツツツ!!!!!」と思わず絶句!
刃牙によく出るセリフの感じになりながら悶絶しました(笑)
辛さは猛烈ですが、きっと辛党には堪らない味だと思います。
でも、ただ辛いだけでなくラー油の辛味に上品さがあります。
そして味噌のコク、胡麻の風味も濃厚で実に美味しい♪
滴る肉の油の旨味がスープに浸透し、肉にも期待度が跳ね上がります。

麺は、辛くて美味しいスープがよく染み込んでいます。
それは色が変わり啜る度に咽るほどで、一体感も半端無いですね。
ベースが味噌だからか太い麺が合い、歯応えもしっかりあります。
されど一瞬で溶けて無くなる様な感覚もあり、期待をぶっちぎる旨さです。
茹で加減が職人技すぎと言うか、ツルツル胃袋に滑り込んでいきました。
まさか辛いのが苦手なのに、箸が止まらない現象が起きるとは・・・!

具材は、何と言ってもこの豚バラ肉でかなりトロットロ!
何で肉マシにしなかったんだろうと、肉を一口食べただけで後悔しました。
ここでの肉マシは、勅命に相応しいくらい絶対に遂行せねばなりません!
芳醇で上質な脂身に肉の食感、想像を絶するインパクトを感じました。
これは美味しさと感動でどうにかなりそうなほどですね♪
モヤシはシャキシャキと言うよりも、ザクザクした歯応えでした。
このモヤシが全体を引き立てるので、途中に入れながら食べ進むのがベストです。
たっぷりの胡麻も非常に香ばしく、溶け込むとまろやかになるのも見逃せない。
胡麻は好きなので、もっと大量でも良いくらいですね。
最初は胡麻の香ばしさが権力を握っていますが、それをどんどん辛さが凌ぎます。
そして最後には汗が滝の様に流れて泉になる程でした。

肉の柔らかさと麺の風味、そしてそれを包み込む様に計算された激辛スープ。
この一体感こそがこのメニューの真骨頂と言えるでしょう。
もう、一心不乱に汲汲と食べました!実に旨かった!
もしも仮に今、辛ウマの総選挙が開催されるなら間違いなくコレを推すでしょう♪

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

肉そば なおじラーメン / 上前津駅矢場町駅大須観音駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました