2012年90杯目 清須市 『ぎんや』(閉店)

店舗情報

店名豚そば ぎんや 湯吉郎店
住所清須市下河原下之切1110-1 太閤天然温泉湯吉郎内 (地図)
電話番号052-408-5701
営業時間11:00~14:00 18:00~翌1:40
定休日年中無休
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名名古屋つけ麺
価格780円
見た目東海つけ麺祭を思い出させる一品ですね
つけ汁の種類魚介豚骨
麺の種類極太縮れ(全粒粉)
具の種類ネギ・穂先メンマ・台湾ミンチ・刻み海苔

感想

今回は、未踏の地を埋めるべく清須市へ。
訪れたのは県内に数店舗ある【ぎんや】の支店です。
コチラは、大きな河川に面して建てられたスーパー銭湯の中にあります。
いわゆる銭湯内にある食堂の一画で、特殊な立地になります。
当然ながら、銭湯の入場料を払わないと入場出来ない仕組み。
結果、つけ麺780円+入場料650円=1430円を払って食べました。
もちろん銭湯には一切入らずに食事だけする奇行です(笑)
でも、コレが本当のラーメン馬鹿のあるべき姿なんです(笑)
完全に狂った行動ですが、レポートはちゃんとしますね(笑)
それではいただきます。

つけ汁は、濃厚な味と共に刺激的な辛さがピリッと舌にきます。
辛味は強いもののクセになる辛さで後を引く味わい。
魚介や動物よりも辛味が来ますが、それが良い特徴となって現れていました。

麺は、このお店と言えば【林製麺】の麺ですよね。
やや小麦色の全粒粉麺は風味が強くて、噛めば甘味が溢れます。
締まりも良く、多加水ならではのモッチリした歯応えを良いですね。
写真で伝わると思いますが、麺量も多いので胃にズシンときます。
その重さたるや、マリオに登場するドッスンさながらです(笑)

具材は、長~い穂先メンマも【ぎんや】の特徴の1つ。
シャクシャクして柔らかく、穂先メンマでよくある嫌な香りもありません。
チャーシューに代わって入った台湾ミンチは猛烈な辛さ。
鷹の爪が山の様に入っており、辛さで汗が吹き出しました。
でも、辛いだけでなくミンチの旨味にも特筆すべきものがありました。

清須市は、こんな機会でなければ訪れない場所なので来るまでに迷いました(汗)
行った道を戻ったり、行き止まりに当たったりの珍道中(笑)
こういった濃密なストーリーは、後々良い思い出になるのでまぁイイかな(笑)
今後もまたこういったからくり道中・・・いや、珍道中をする事でしょう(笑)

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

豚そば ぎんや 湯吉郎店ラーメン / 新川橋駅須ケ口駅二ツ杁駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました