2012年141杯目 常滑市 『昭和呈』

店舗情報

店名らうめん考房 昭和呈
住所常滑市苅屋字柳田136 (地図)
電話番号0569-34-4408
営業時間11:30~14:00 18:00~20:45
定休日月曜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名中華そば
価格780円
見た目飾り気はありませんが激しい力を内に秘めています
スープの種類醤油
麺の種類極細ストレート
具の種類メンマ・ナルト・チャーシュー

感想

この日もブラッと【昭和呈】にやって来ました。
ほぼ毎月記事にして、これで通算21回目の記事になりますね。
寒い冬から暖かい春を過ぎ熱い夏が到来し涼しい秋を迎えそしてまた冬になる。
毎年の春夏秋冬の【昭和呈】との付き合いも幾星霜通過しでしょうか。
いつ来ても美味しいこの店とは、今後も変わらない付き合いをしていきたいです。
今回もお決まりのポジションに座り大将とお話します。
大将の見た目について会話しましたが、とてもアラフィフとは思えない。
話題も若いので、私がこのお店に惹かれる理由はそういう部分にもあります。
さて、今回は限定麺でなく定番メニューの中からの紹介です。
このメニューは最安ですが、価格に対して想像もつかない程の破壊力です。
これは安価ですが、一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆと言いますよね?
他のメニューの値段が高いと言う決めつけでこの店を選ばない人もいます。
でも、実際に自分で行って値段では推し量れぬ価値を見出しましょう。
それではいただきます。

スープは、まさに触媒の如しとでも言いましょうか。
見た目自体は何の変哲も無い様に思えますよね?
だがしかし、飲んだ瞬間驚くほどの旨味が全身を駆け巡ります。
魚介の深み、醤油のキレ、穏やかで繊細でありつつも激しい旨味。
表面の厚くて熱々のラードを混ぜながら幾度も味わいます。
いや~、今回も本当に美味しいですね~。

麺は、素麺に近い極細麺。
しかしながら、食感はやはりラーメンならではの硬さがあります。
しっかり噛み切らないと歯と歯の間に引っ掛かる程にコシの強い麺です。
細いのに箸にしっかりとした重みを感じ、食べ応えも抜群です。

具材は、飾らない昔ながらのシンプルなトッピング。
余計な物を入れずとも、この具材だけで満足出来ます。
それは1つ1つの具材が完璧だからに他ならないと言う事。
一見すると具材の少なさがストイックに見えます。
が、単純にこの店の味を知るにはコレが最適!
少ない食材それぞれが獅子奮迅の働きで、縦横無尽に旨味を伝えます。

フンガーフンガーと香りを楽しみ、ウォーでガンスと旨さに叫ぶ。
そして、美味しかったザマスとごちそうさまをしました。
そんなラーメンの紹介でした(笑)

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

 

ラーメン考房 昭和呈ラーメン / りんくう常滑駅

夜総合点★★★★★ 5.0

タイトルとURLをコピーしました