2012年162杯目 中川区 『朱雀』(閉店)

店舗情報

店名麺や 朱雀
住所名古屋市中川区尾頭橋2-1-9 サンシャイン尾頭橋1B
電話番号052-321-5777
営業時間11:30~15:00 18:00~22:00
定休日水曜
駐車場なし

本日の1杯

メニュー名ゆず塩つけめん
価格800円
見た目鮮やかな緑色の麺に容赦なく目を引かれます
つけ汁の種類
麺の種類中太縮れ
具の種類ネギ・刻み海苔・柚子・胡麻・一味唐辛子

感想

この日は、中川区の尾頭橋に2011年7月にオープンした【朱雀】へ伺いました。
店舗の場所自体は土地勘のあるエリアでしたが、店の前を数回通り過ぎました(笑)
到着してみると外にある看板は縦長でかなりの大きさをしています。
なのに何回も通り過ぎるって何してんだかと自分にツッコミながら入店(笑)
店内はかなり狭小の物件ですが奥に長く席数は10席ほどありました。
男性2名で切り盛りされている様で息ピッタリな感じが伝わってきます。
メニューは、つけ麺が4種類とラーメンが2種類の構成。
定番の濃厚に辛つけ、そしてカレーと柚子のつけ麺に塩ラーメンと塩バター。
つけ麺を軸にラーメンは塩のみで勝負している様です。
その中からゆず塩つけめんをチョイスしました。
それではいただきます。

つけ汁は、鶏を使った清湯のつけ汁でサッパリした口当たり。
重層感を出す意味合いで魚介系の出汁も効かせてありますがこれが良い塩梅。
口当たりはかなり軽快なのにペラくならない工夫がイイですね。
そしてタイトル通りの柚子の香りがこれまた絶妙。
こういったタイプだと柚子の風味が先行して柚子に支配されてしまう場合が殆ど。
しかし、その比率を巧く調整して絶妙な味わいに仕上げてありました。

麺は、中華料理店などで稀に見る翡翠麺を使用していました。
つけ麺として味わうのは初めてですが、これはなかなかそそりますね~♪
翡翠麺と言えば一般的にはホウレン草の絞り汁を練り込んだ半透明の麺です。
ですが、中には天草や大麦若葉を使用している場合もあるそうです。
コチラではそのいずれも該当せず、クロレラを使って個性を出しています。
そしてその翡翠麺ですが、麺肌はその名の示す通り鮮やかな翡翠色。
しっかり氷締めしてあるお陰で艶もあり綺麗な麺肌をしています。
食感は硬めでムッチリとコシがあり、思ったよりも風味に癖がなく食べ易いです。
柚子のつけ汁ともよく合っていてコレは面白いですね。

具材は、地味ですが胡麻のプチプチした食感が良い働きをしています。
つけ汁のテイストに合わせて柚子皮を使うのも風味に拍車が掛かってナイス。
その他、一味唐辛子の辛味で引き締め効果があるのも良かったです。

それにしても翡翠麺の緑色の色合いを出し惜しみしない感じに好感が持てました。
こういうのは中途半端ではなく突き抜けた方がイイんですよね。
もし機会があれば、次回は塩バターラーメンを試してみます。

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

 

麺や朱雀ラーメン / 尾頭橋駅金山駅

昼総合点

タイトルとURLをコピーしました