2012年173杯目 西尾市 『ぼだい』

店舗情報

店名麺の樹 ぼだい
住所西尾市徳次町下十五夜28-1 (地図)
電話番号0563-65-6845
営業時間11:00~14:00 18:00~22:00
定休日年中無休
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名濃い口 にぼ・とん
価格780円
見た目濃い口の名の通り濃厚そうなのが一目で伝わります
スープの種類豚骨
麺の種類太ストレート
具の種類ネギ・メンマ・チャーシュー・玉葱・海苔

感想

今回は、今月3回目の記事となる【ぼだい】のご紹介です。
こう何回も記事にしているとネタが尽きそうですがまだまだありますよ♪
この店の特徴はファミリー層でも利用し易いのが最大の特徴。
立地も良好で西尾市の中心地に程近い場所なのに駐車場も広いのがウリ。
店内も居心地が良く、店舗のコンセプトはマッキー大将曰く・・・
「自分が家を建てた時にとても納得出来る造りに出来た」
「その居心地をそのままの形で店舗にしたかった」
「そこにラーメン好きの父が家族を連れて来れる店」との事です。
つまりは家族で楽しめる家の様に居心地の良い空間のラーメン屋って事ですね。
家は3回は建てないと満足いくものが出来ないと言います。
それをたった1回で完遂したというのは素晴らしいですね。
こういった新しいジャンルの提案も繁盛店の秘訣かも知れません。
店内に架かるネオンクロックも大きさにかなり拘ったそうです。
ブラックライトのネオンクロックですから、そもそも置いている店が少ない。
いわゆるバーなどにある時計を相当探し回って見付けたそうです。
きっと、その飽くなき探究心がラーメンにも活かされているんでしょうね。
この日は限定狙いでしたが運良く残っていましたので券売機を即PUSH!
さぁ!待ちに待った傑作の限定麺とのご対麺です。
それではいただきます。

スープは、豚骨をベースに煮干を加えたいわゆる魚介豚骨。
食欲をそそる香りに空腹だった腹が更に加速度を増しました。
辛抱たまらず口にすると、飲み口は驚くほどサラサラで軽やか。
これだけ煮干しの味があるのにザラっとする感覚は皆無。
それを口に含むとまろやかでトロトロの舌触りを堪能出来ます。
カフェカプチーノの様に泡立つクリーミーさで何処か品格すら漂う。
こんなスープに出会えてグラツィエと言いたいですよ♪
恐らく丁寧且つ、幾度も念入りに濾してあるのが汲み取れます。
エグみ無く優しく嫌な雑味も感じないので、頭とワタは使ってないのかも?
豚骨はよく乳化していて骨粉をミクロレベルまで煮込んであります。
それを証拠に、飲み干すと底には魚粉と骨粉が残らない程でした。
配合率も完璧で現時点でこれ以上は無いと思える程の自信作。
そうマッキー君が自信満々に語っていたのも頷けます。
スープには鶏も含んでいるそうですが、それが重量感を生む大事な要素。
カエシも極力抑え、塩気を煮干の塩分で補える造りにしたそうです。
食事中の口の周囲のテカテカさと、唇が引っ付く感覚こそ濃厚な証拠!
それにしても、もはや煮干と豚骨が昵懇の間柄になってますね。

麺は、スープの濃厚さに気圧されない様に太麺を合わせています。
使用する麺は【時麺】謹製の麺で、風味も食感も申し分ない美味しさ。
グイグイとスープを持ち上げるリフト感、もっちりした歯応えに薫り高い風味。
店舗のニーズに応えたクオリティーを製麺する製麺所も大変だとは思います。
しかし、業界ではそれが出来る製麺所として近頃は急上昇中との事。
自家製麺の店も増えてきましたが、製麺所の麺も時代とともに進化しています。
こんなに美味しい麺は、昔は街中華などでは味わえなかったですからね。

具材は、ふんだんにそこかしこに散りばめられた玉葱とネギがナイス。
粗めにカットしているので甘味と辛味の風味が良いアクセントになります。
特に断面から来る瑞々しさが口中のまったり感をリセットする役割。
同じく細切れにされた炙りバラチャーシューの大きさも見逃せないポイント。
そう、玉葱を含めた3つのトッピングのサイズのバランスが均一なんです。
これにより三位一体となって互いを引き立てあうのがイイ!
チャーシューは細かくても炙った香ばしさで存在感を放っています。
メンマは増して食べたい位の旨さで、海苔も追加した方が良かったと後悔する程。

毎回ではありますが、今回は特に総合的に優れた1杯をいただけました。
こんな1杯を出されたら、ますます【ぼだい】に通ってしまいそうですね(笑)
未食のメニューもあるのでもちろんまた行きますけどね(笑)

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

 

麺の樹 ぼだいラーメン / 西尾駅西尾口駅

昼総合点★★★★★ 5.0

タイトルとURLをコピーしました