2012年194杯目 常滑市 『昭和呈』

店舗情報

店名麺創房 昭和呈
住所常滑市苅屋字柳田136 (地図)
電話番号0569-34-4408
営業時間11:30~14:00 18:00~20:45
定休日月曜
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名ずわい蟹の濃厚まぶし潮麺
価格1180円
見た目甲羅がドドンと目立つ贅沢なビジュアル
タレの種類蟹味噌
麺の種類極細ストレート
具の種類ネギ・ナルト・メンマ・チャーシュー・胡麻・糸唐辛子

感想

今回は、私のお気に入りのお店の1つである常滑市の【昭和呈】へお邪魔しました。
ゆったり時間が流れる様な田舎の風景の一部に溶け込んでいるこのお店。
【昭和呈】と言う屋号そのままの昔懐かしい木造の建物で駐車場も砂利。
店の中に入ってもその昭和レトロの雰囲気は続きますが、唯一近代的なのは券売機。
その券売機の前に立ち、さて今回は何を食べようかと考慮。
と、ここでまだ当サイトで紹介していないメニューがあった事に気が付きました。
それが今回オーダーしたずわい蟹の濃厚まぶし潮麺です。
前々からメニューにあって幾度か食べた事があったので掲載したつもりでした。
しかし、食べたのはサイト開設前であって開設後に食べてはいなかったのです。
写真映えするメニューなのに未だに紹介出来ていなかったのは失態。
満を持しての登場となりましたが、素晴らしいメニューなのでご覧下さい。
それではいただきます。

タレは、子供でも知っているくらいに有名な高級食材の蟹を贅沢に使用。
しかもそれがずわい蟹の蟹味噌ですから、そりゃあテンションも上がります。
着丼から香る蟹味噌の芳香だけで既にヨダレのダムが決壊しました(笑)
濃厚と言うだけあって香りも濃厚ですが口の中に入れればもっと濃厚!
安っぽい蟹味噌なら生臭いだけで旨味は少ないですが、それとは当然段違い。
思い出しただけでもウズウズするほどの旨味に満ち溢れています。
味も濃厚だけど凝縮された旨味も濃厚でノープロブレムでハッピーエンド!

麺は、蟹味噌のタレをガシッと蟹バサミでクラッチするが如く持ち上げます。
予めタレが絡めてあるのもありますが、ここまで一体感があるのが素晴らしい。
啜る度に蟹味噌が麺と同時に飛び込んできて旨いのなんの。
甲殻類の殻の硬さには敵いませんが、低加水の麺はかなり硬めの食感。
歯をシザーに置き換えるイメージで噛み切ってやりました(笑)

具材は、糸唐辛子のピリ辛指数がかなりジャスト!
極細なのに分厚い辛味で味噌のまったり感をピリリと引き締めてくれます。
メンマは直感を上回る想像を超えた味で、見た目は地味なのに圧倒的な旨さ。
食感といい味付けといい風味といい、虜にさせる力があります。

濃厚な蟹味噌のパワーがある、そして食欲のボルテージを上げる疾走感もある。
唯一ココに無いものは、それは隙が無いという事でしょう。
浮ついていない店構えとドッシリ安定感のある味。
でも、食べた者の気持ちはフワフワと夢見心地にさせる最強の味でした。

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

 

麺創房 昭和呈ラーメン / りんくう常滑駅

夜総合点★★★★★ 5.0

タイトルとURLをコピーしました