2012年265杯目 第2回東海つけ麺祭④『はなまる軒』

催事情報

チーム名はなまる軒
開催地ポ-トメッセなごや 3号館 野外特設会場
主催テレビ愛知
営業時間10:00~18:00
開催日2012年4月28日・29日
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名あんかけ卵とじつけ麺
価格800円
見た目各店の持ち味を活かしたビジュアルですね
つけ汁の種類醤油
麺の種類中太縮れ・太縮れ(平打ち)
具の種類ネギ・チャーシュー・台湾ミンチ・卵とじ・黒胡椒

感想

今回から暫くは【東海つけ麺祭】のレポートを記事にしていきます。
このイベントは、去る2012年4月28日・29日に開催されました。
開催地は名古屋市港区の【ポ-トメッセなごや】の野外特設会場。
同時開催のイベントは『マンモスフリーマーケット2012spring』
日本最大級のフリーマーケットで東海地方では知名度も高いイベントです。
多くの来場客があるので愛知県内のラーメン業界の活性化にも直結。
未開拓の客層にも触れる絶好の機会なので素晴らしいイベントだと思います。
開催は3度目で、過去には【東海つけ麺まつり】東海ラーメン祭】を開催。
以前と同様に東海エリアの各有名店舗が参加し、美味しいつけ麺を提供。
イベント用に結成されたコラボチームと屈指の実力を誇る単独店。
参加店舗数は全21店舗で、ブースの数は合計9つあります。
では、それぞれのチームが用意した究極の限定つけ麺をご紹介しましょう。
4杯目にご紹介させていただくのは、チーム【はなまる軒】
もっと早く書きたいのですが書きたい内容が盛り沢山(笑)
と、そんなことばかり言ってても進まないのでスパートを駆けていきます!
某ナンバーワン週刊少年誌の連載打ち切りの速度並みに早めますからね(笑)
では本題ですが、名声と安定感と勢いを備えたトライアングル攻勢。
重鎮の【萬珍軒】に大御所の【丸和】に若手のホープの【はなび】
修羅場を幾つも潜り抜けた経験がそうさせているのでしょうか?
場慣れした感じで落ち着いており、和気あいあいとほのぼのした雰囲気。
2大巨頭が後ろ盾で控え、若い【はなび】の大将がのびのびと元気よく客引き。
実にバランスの良いチームですが、バランスの良さはつけ麺にも出ています。
つけ汁・麺・具材とそれぞれ役割を分担する事で三者三様の良さを表現。
【萬珍軒】は、ご当地ラーメンでも知られる卵とじスープを使ってつけ汁を担当。
【丸和】は、自慢の製麺技術で作る自家製麺を使って麺を担当。
【はなび】は、人気急上昇中の台湾まぜそばの台湾ミンチで具材を担当。
各店の良いトコどりの贅沢コラボは、ある意味ちょっとした反則技(笑)
まさにイベントでしか食べれないコラボの強みを最大限に活かした特別製です。
そんなスペシャルなつけ麺ですから、刮目して御覧下さい。
それではいただきます。

つけ汁は、【萬珍軒】の看板商品の卵とじラーメンのスープつけ汁に転用。
ベースは鶏や豚などの動物系を軸にしていますが、案外ライトな口当たり。
そして只の転用ではなく、豆乳をブレンドする所がこのつけ汁をのポイント。
豆乳を入れる事でまろやかさをチューニングし、優しさも加えています。
醤油ダレには砂糖を調味してあり、甘味も追加されています。
トロみは片栗粉を使った餡かけ仕様で麺への絡み易さもプラス。
見た目の色合いから濃厚に感じますがサッパリした後味が魅力。
卵のとじかたも秀逸で、まるで花を浮かせた様な美しさ。
つけ汁に入った黒胡椒も口当たりを支え、無くてはならない存在に。
ご当地ラーメンの一角を担う店舗のつけ汁だけあり、かなりハイレベルでした。

麺は、愛知県内の自家製麺の第一人者である【丸和】の麺を使用。
ラヲタ以外の一般の方にも知名度の高い店舗ですから、その実力は折り紙つき。
自家製麺の高名さでは岐阜県の【白神】と双璧を成すでしょう。
特製の麺は国産小麦を使用しているので無添加で身体にも良く健康的。
更に2種類の麺を使う事で熟練の技を披露しています。
2種類の麺を使用した理由は【萬珍軒】の卵とじのつけ汁に合わせる為。
中太縮れと太縮れと、それぞれ太さを変える麺で2つの食感を表現。
ペタンとした滑らかな平打ち麺でつけ汁をしっかりリフトアップ。
中太麺の食感で噛み応えを与えるといった波状攻撃。
こういった麺の合い盛りは【麺やOK】【三郎】でもありましたね。
茹で時間が異なるので調整は難しいと思いますが、そのネックも見事に解消。
特設された厨房で茹でた麺とは思えぬほど小麦の味や香りも良い。
店舗で食べるのと遜色無いのは、湯切り名人の【はなび】の大将が指導したのかも?

具材は、台湾ラーメンで有名な台湾ミンチを台湾まぜそば発祥の店【はなび】が作成。
説明はややこしいですが、あの台湾まぜそばに使用されている台湾ミンチです。
箸休めとしてそのまま食べても良し、麺に絡めても良し、味変アイテムにしても良し。
多様な使い道があり、まさに八面六臂の大活躍と言えるでしょう。
特に卵とじのまろやかなつけ汁に強い刺激の辛味が加わる味変はナイス!
味がググッと引き締まって別種の魅力を引き出してくれました。
もはや味変アイテムの投入がコラボ麺の決め手と言っても過言ではありません。
卵とじには多めに盛られたネギもよく合っており、コロチャーシューも食べ易いサイズ。

極上の麺に絡む卵とじのつけ汁、投入する事で劇的変化を生む台湾ミンチ。
互いの持ち味が融合すると個性がぶつかり合ってしまうかと思いますが否!
干渉する事で互いを高めてあり、物凄いつけ麺が誕生していました。
では、次回も引き続き【東海つけ麺祭】の模様を綴っていきます。

ありがとうございました

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

 

萬珍軒ラーメン / 中村区役所駅中村日赤駅

昼総合点

タイトルとURLをコピーしました