2012年314杯目 中区 『まっち棒』

店舗情報

店名紀州和歌山らーめん まっち棒 千種店
住所名古屋市中区新栄3-7-5 フォーラム千種1F(地図)
電話番号052-259-2720
営業時間11:30~翌3:00
定休日年中無休
駐車場あり

本日の1杯

メニュー名和歌山らーめん 源味
価格680円
見た目如何にも濃い目のスープが特徴ですね
スープの種類豚骨醤油
麺の種類極細ストレート
具の種類ネギ・メンマ・チャーシュー・蒲鉾

感想

この日は、予てより宿題店だった名古屋市中区の【まっち棒】に初訪問。
いつか行こうと思いながらも数年が経過して今に至りました。
そして今回ようやく数年越しの念願を達成しに来れたのです。
コチラは愛知県では稀少な和歌山ラーメンがいただける店舗。
オープンは2001年で、ご当地ラーメンが流行していた頃ですね。
端を発したのはラーメン王の石神氏で【井出商店】もピックアップ。
そのブームから全国区となって行列店として知られていましたね。
本場の和歌山県にもタケコプターがあればすぐ行くのですが(笑)
どこでもドアではなく敢えてのタケコプターです(笑)
さておき、当時はブームに則って似たテイストが多く商品化されました。
ラーメン店でも和歌山ラーメンの類似品がよく見られました。
今現在のつけ麺や台湾まぜそばと同じ状況ですね。
しかしながら、劣化版コピーも数多く見られたのも然り。
そんな模倣品は幾つか食べましたがこの【まっち棒】なら段違いなハズ。
そう思って今回は臨んでみようという訳です。
それではいただきます。

スープは、見た目通りのこってり感で期待以上のボリューム。
長く営業しているだけあって年季がある分、同様に厚みもあります。
よく煮込んであるのでコラーゲンもたっぷり配合。
しっかりとろみがあって塩気と甘味を感じる何処かクセになる味わい。
いわゆる甘じょっぱいというのが適切か分かりませんがそんな感じです。
そして信じられませんが、こう見えてカロリーも控えめだそうです。

麺は、本場の和歌山ラーメンに因んでの細麺を使用しています。
食感は硬めでしっかりとしたコシもあって美味しい麺です。
そして低加水ならではパツパツの歯切れとスープの吸収率も優秀。
極細麺が豚骨ラーメンでも合う様に豚骨醤油でも同様。
と言っても徳島ラーメンも細麺ですが横浜家系は中太麺でしたね(笑)

具材は、万能食材のネギがこのスープでは特に大活躍。
こってりスープにさっぱりたっぷりのネギが際立ちます。
蒲鉾が入っているのも和歌山ラーメンの特徴で忠実に再現。
焦げ目の付いたチャーシューは香ばしくてトロトロ。
薄切りで食べ易くて程無く口の中で溶けてなくなります。

そして、和歌山ラーメンと言えば早すしを忘れてはなりません。
本場和歌山県より直送された名物の早すしは個数限定で150円。
なれ寿司と違って匂いがキツくなく押し寿司みたいで食べ易いです。
早すしと言うのも、なれ寿司より早めに食べるのが語源らしいですね。
〆は、手作りの杏仁豆腐を200円で注文しました。
ブルーベリーソースがかかっていてツルンと冷たくてウマイ♪
豚骨醤油の様なこってりしたラーメンの後には最適ですよね。

ではでは皆様、また次回の更新でお会いしましょう!
その時まではも・ち・ろ・ん・・・トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

 

まっち棒 名古屋千種店ラーメン / 千種駅車道駅新栄町駅

夜総合点

タイトルとURLをコピーしました